ORICON NEWS


宇賀なつみ『しゃべくり』でフリー転身後“初他局” 渾身の応援団パフォーマンス披露

  • LINEで送る

23日放送のバラエティー番組『しゃべくり007』の模様(C)日本テレビ

 3月末をもってテレビ朝日を退社し、4月からフリーランスに転身した宇賀なつみが23日放送の日本テレビ系バラエティー番組『しゃべくり007』(毎週月曜 後10:00)に出演。フリー転身後“他局”初登場となった今回、宇賀は意外と知られていない素顔や、清楚なイメージからは想像できないバラエティー力を解禁させる。

【番組カット】『しゃべくり』メンバーとのトークを楽しむ宇賀なつみ

 「なぜ局アナからフリーに転身したのか?」「これからどこを目指すのか?」といった気になる話から、現在の夫との結婚を決めた衝撃の方法など、プライベートも赤裸々に告白。当時はまだ学生だった採用面接以来、12年ぶりに日テレを訪れたそうだが、日テレの印象について「24時間テレビや箱根駅伝など、みんなで一緒にやる行事が多いのが、うらやましかった」と打ち明ける。

 「本当は日テレに入りたかった?」という直球質問も否定しない宇賀に、くりぃむしちゅーの上田晋也は「否定しろ!」とツッコミ。「初めての他局の番組は『しゃべくり』みたいな番組より、もっとソフトな番組から出たほうがよかったのでは?」とメンバーから心配されながら、収録がスタートしていく。

 フリーランスになったきっかけについては、10年間テレ朝に務め、お天気・スポーツ・報道・バラエティーとあらゆるジャンルを経験し、生活スタイルを変えたい、さらにさまざまなジャンルの仕事にこれからも挑戦したくて決心したという。しかし、長年共演した羽鳥慎一をはじめ、誰にも辞める事は事前に相談していなかったと語る。

 現在は、事務所に所属せずに個人で活動している宇賀はギャラの交渉、請求書作りやスケジュール調整など、事務作業も全部自分自身でおこなっていると告白。プライベートでは2年前に大学の同級生と結婚したが、意外なプロポーズ秘話もぶっちゃけ。企画コーナー「新人フリー宇賀なつみアナのアピール007」では、自信のある特技として学生時代におこなっていた“応援団”のパフォーマンスを披露するも、しゃべくりメンバー一同が騒然とする。

 宇賀は収録を終えて「ゲストとして番組に出演するのが初めてだったので、本番前は久しぶりに緊張しました。みなさんのおかげで、収録中はとても楽しく笑いっぱなしでしたが、今振り返ってみると、大丈夫だったのだろうかと不安になります。どのような放送になるのか、楽しみでもあり、少し怖いのですが、どうか温かい目で見守っていただけたらと思います」と呼びかけている。