ORICON NEWS


前田敦子、AKB48時代の仕事は「何も覚えてない」 その頑張りで今すごく元気

  • LINEで送る

AKB48時代の10年前の仕事は「何も覚えてない」と語った前田敦子 (C)ORICON NewS inc.

 女優の前田敦子が20日、都内で映画『葬式の名人』の公開初日舞台あいさつに参加。映画に絡めて、10年前のことを思い出した前田は多忙な仕事量を明かし、共演陣を驚かせた。

【全身ショット】胸元がざっくりあいたロングワンピで登場した前田敦子

 高校卒業から10年が経ち、とあるできごとで同級生が再会する物語。作品にちなんで、10年前の自分にかけたい言葉についてのトークを展開。その当時、前田はAKB48に所属し、第1回の選抜総選挙が行われた年でもあり、前田は“絶対的センター”として輝きを放っていた。前田は「さっき、事務所で準備していて10年前に何をしていたかマネージャーさんがスケジュールを出してくれた。見たら、10年前のきょうはレコーディングして、ビックサイトで握手会して、ソロのグラビアの撮影がありました」と分単位のスケジュールだったことを告白した。

 会場に驚きの声が響く中、続けて「次の日から3日間かけて地方を6ヶ所回って、4日後にニューヨークに行ってました。たぶん、アニメのイベントで。その2週間後にはハワイに行ってました」と超多忙だったと回顧。そんな状況を、現在から振り返った前田は「そのスケジュールうらやましいって思いました」と意外な反応を見せた。

 その理由については「すごく頑張ってたんだなって。そのときの頑張りの体力のおかげで、今すごく元気だよって言いたいですね」とキュートなスマイルで説明。ただ、その時の記憶を問われると「どこに行っても何も覚えてない(笑)。今だったら、もっと楽しめるに」とぶっちゃけ、少しだけ悔しそうな表情になっていた。

 同作は、大阪・茨木市で生まれ育った川端康成の作品群をモチーフとしており、茨木市制施行70周年記念事業として制作された。女手一つで息子を育てる渡辺雪子を前田が演じている。前田は「ジャンルみたいなものがない。前向きな明るい気持ちで終われる清々しい映画。『夢の中へいってらっしゃい』という感じです。でも、寝ないでくださいね」と観客に呼びかけていた。

 舞台あいさつには高良健吾、白洲迅、尾上寛之、中西美帆、奥野瑛太、佐藤都輝子、樋井明日香、樋口尚文監督も参加した。