ORICON NEWS


夏菜、“アナベルそっくり”の声に「うれしくはない」

  • LINEで送る

アナベル人形とフォトセッションを行う夏菜 (C)ORICON NewS inc.

 女優の夏菜が19日、都内で行われた映画『アナベル 死霊博物館』試写会に登場。“アナベル人形に似ている”という理由で特別映像に出演している夏菜だが、オファーを受けたときの感想を聞かれると「最初は断ろうかと思いました。うれしくはないですよね」と正直な心情を吐露した。

【動画】夏菜、“アナベルそっくり”の声に「うれしくはない」

 “呪いの人形”アナベルを送りたい人を聞かれると、「マネージャーですかね。休みくれないし、今回のオファーをいただいたときも、マネージャーが『いいじゃん、やんなよ(笑)』って言ってましたし」と笑いながら回答。最終的には「(オファーは)芸の肥やしになるかなと思って受けました」と前向きな様子だった。

 途中、マイクの故障やアナベル人形の手が動くなど、数々のドッキリにかかり絶叫した夏菜。「普段は驚かせる側」と豪語するシーンもあったが、スタッフにもビックリする場面もあり、観覧に来ていたお客さんからも温かい笑いが漏れていた。

 さらに「ダメだとわかっていてついやってしまうことは」という質問には、「夜中のビールとラーメン」と即答。MCが「最近でいうと、いつやってしまいましたか」と聞くと、「きのう。ビールは5~6杯かなぁ」と苦笑しながら答えていた。

 映画『アナベル 死霊博物館』は明日20日から全国上映開始。