ORICON NEWS


44歳の中村俊介は“こじらせ”? 結婚願望語るも松本人志がバッサリ「好感度下げるために来たの?」

  • LINEで送る

20日放送のバラエティー番組『ダウンタウンなう』の模様(C)フジテレビ

 俳優の中村俊介(44)が、あす20日放送のフジテレビ系バラエティー番組『ダウンタウンなう』(後9:55)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演。人気ミステリードラマ『浅見光彦シリーズ』の主役を16年間務め、卒業時には“中村ロス”という言葉が飛び交うほど世の女性ファンをとりこにした中村だが、その見た目とは裏腹に“なかなかにこじらせている”という素性をダウンタウンと坂上忍が掘り下げていく。

【番組カット】ダウンタウンに自身の恋愛観を熱弁する中村俊介

 中村は現在独身だが、結婚願望はあるといい「まだ(運命の相手と)出会ってないんです」と無垢(むく)な表情でコメント。今回は、中村が考える「こんな女性は嫌だ!」というチェックポイントを紹介するが、40代の大人の男性とは思えないような“こじらせた”恋愛条件の数々に、松本人志が「下の下」「今日って好感度下げるために来たの?」と評する。

 中村が女性に求める「一般的なお母さんくらい家事ができるか?」という条件には、既婚者である山崎夕貴アナが「気持ち悪い」と言い放ち、中村は「何が?何が気持ち悪いの?」とショックでたじろぐ場面も。「一般的なお母さん」とはどのような基準なのか、中村の女性像に迫るものの、一行から「マザコン疑惑」を指摘され、中村は必死に否定するが、次第に追い詰められていく。

 「生まれてくる時代間違えたな」と自分を曲げようとしない中村に対し、松本は白々(しらじら)しい目で彼を見つめる。さらに話題は、中村が女性に対してこじらせるきっかけとなった過去のエピソードへ。中村本人の口から明かされた悲しすぎる理由には一同が納得し、浜田雅功は「なかなかの話やな」、松本は「そりゃトラウマにもなるよ」と同情する様子を見せる。