ORICON NEWS


JAL、東京2020へ向け7年ぶり制服一新 CA初のパンツスタイル導入

  • LINEで送る

2020年4月より一新される客室乗務員の新制服 (C)ORICON NewS inc.

 JAL(日本航空)は23日、『JAL 新制服発表会』にて7年ぶりとなる新制服をお披露目。1年後に開幕する東京2020オリンピック・パラリンピックに合わせ、2020年4月より航空運送事業に関わる全部門の制服について新たなデザインに変更されることが発表された。2013年より着用開始となった現行の制服から7年ぶりの新デザインとなる。

【動画】JAL客席乗務員らが新制服をお披露目

 客室乗務員(CA)の制服については、「袖の形状が業務に適するのか」「女性用にパンツスタイルを導入すべきではないか」など様々な意見をもとに、同社初となるパンツスタイルを導入。デザインを担当したクリエイティブディレクターの江角泰俊氏が“ハイブリッドビューティー”をテーマに、異なる素材を組み合わせた最新のデザイン手法を用い、ロゴマークの「鶴丸」とブランドカラーで視認性の高い色を一部アイテムに活かし、洗練され現代的な美しさを表現した制服となっている。

 赤坂祐二社長は、「プロフェッショナルが着用するのにふさわしい制服として、品質・機能を重視しながら、実際に着用する現場の社員が中心となって選びました」と、選定の経緯を説明。「社員に非常に愛される制服ができたと思っています」と胸を張った。

 発表会では他にも、地上接客部門、運航乗務員、整備士、グランドハンドリングスタッフ、沖縄地区限定「かりゆしウェア」の新制服もお披露目された。