ORICON NEWS


劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』予告映像解禁 ルフィの一声で“奇跡の共同戦線”

  • LINEで送る

尾田栄一郎描き下ろし 劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』ポスター(C)尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会

 人気テレビアニメ『ワンピース』の放送20周年記念作品となる劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』(ワンピース スタンピード/8月9日公開)の予告映像が27日、ついに解禁した。

【動画】『ONE PIECE STAMPEDE』圧巻のキャラクター38人登場特報

 前作の公開から約3年ぶりの新作劇場版。今回の舞台は「海賊の、海賊による、海賊のための世界一の祭典 海賊万博」で、華やかなパビリオンが立ち並ぶ島に、麦わらの一味や最悪の世代をはじめとする世界中の海賊たちが集結する。海賊たちの目的は、海賊万博での目玉イベント「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」。時代の覇権を左右するお宝争奪戦の火蓋が切られる。

 今回解禁となった予告映像は、ユースケ・サンタマリア演じるフェスタが、並み居る海賊たちの手配書を前に海賊万博開催を目論むシーンから始まる。そして、華やかな海賊万博が山里亮太(南海キャンディーズ)演じるドナルド・モデラートの宣言とともに開幕し、「“海賊王の遺した宝”争奪戦」に海賊たちが参戦する。

 その裏でうごめく陰謀、そして血だらけで発見されるウソップ…。仕組まれた恐怖のシナリオが始まる。海軍元帥サカズキから発せられる「バスターコール」の声で一斉に砲弾が放たれる。そこにはパシフィスタや戦桃丸の姿も。原作内でバスターコールが描かれたのは、ニコ・ロビンの故郷オハラに対してとエニエス・ロビーに対しての2回だけだ。

 元ロジャー海賊団の船員であり「“鬼”の跡目」と呼ばれたダグラス・バレット。この最大危険度の囚人を収監する海底監獄インペルダウンレベル6を脱獄した伝説の怪物を前に“最悪の世代”は次々となぎ倒されていき、ルフィでさえも倒されてしまう。

 国家戦争クラスの軍事力で、島1つを容易に消し去ることができるほどのバスターコールと国家戦力クラスの最強の敵・バレットを前に、ルフィ達麦わらの一味をはじめ海賊たちはどうなってしまうのか。最悪の状況のさなか、ルフィの一声で、海賊、海軍、革命軍、王下七武海、世界政府が揃いぶむ【奇跡の共同戦線】が発足する。

 ルフィ、サボ、ハンコック、バギー、スモーカー、ルッチ、ローという普段ではありえない共闘で敵を打ち負かすことができるのか(?)そして、映像の最後には、原作者尾田栄一郎の「とうとうやっちゃったオールスター映画…!! ヤベェのできてます!!」というコメントも添えらている。