ORICON NEWS


ライセンス藤原、クレジットカードの不正利用被害をサラッと明かす 井本が猛ツッコミ「大したことある!」

  • LINEで送る

過去にクレジットカードの不正利用被害に合ったライセンスの藤原一裕(左)と相方の井本貴史

 お笑いコンビ・ライセンス(藤原一裕、井本貴史)が18日、東京・新宿のルミネtheよしもとで行われた『消費者ホットライン188の日制定記念特別PRイベント』に出演。過去にクレジットカードを勝手に使用されるという被害に遭っていたことを明かした。

【写真】謎のトリオ「ハイキングショウヒシャチョーキング」

 イベントにはライセンスのほか、ハイキングウォーキング(鈴木Q太郎、松田洋昌)、ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)、おかずクラブ(ゆいP、オカリナ)、サプライズゲストとして岡村和美消費者庁長官が参加。キャンペーンキャラクターのイヤヤンらと共に登場した面々。おかっぱのキャラクターのキュートなフォルムに、藤原は「ほとんどオカリナと一緒ですけど」と例えて笑いを誘うと、すかさず井本も「イヤヤンはオカリナのLサイズじゃないです」とツッコミを入れて笑わせた。

 ハイキングウォーキングは消費者庁スタッフ・落合さんとトリオ「ハイキングショウヒシャチョーキング」を緊急結成。実際にあった事例をもとにコントを実演した。業者から買うつもりもないアルバムを高額で送りつけられた時の対処法「不審な会社から電話があったらすぐに切る」、「荷物を送られても受け取らない」を勉強するという内容で、観客を喜ばせた。

 イベント終了後の囲み取材で実際にあったトラブルや普段気を付けていることを問われると、ゆいPは「知らない電話番号がかかってきたら、取らずに番号をネットで調べます」と明かし、被害を未然に防いだという。岡村長官は「素晴らしい!」と絶賛した。

 一方、藤原は「あんまりないんですけど、しいて言うなら」とたっぷり前置きした上で「クレジットカードを勝手に使われていたこと」と回想。井本から「大したことある!」と勢いよくツッコまれた。岡村長官は「じつは、クレジットカード被害の相談も(188では)よく受けています」と明かした。

 そんな中、福徳は「フリとボケをしっかりすればコントは受けやすくなる」と、急造トリオのハイキングショウヒシャチョーキングへのガチなダメ出しで、笑わせた。

 消費者ホットラインとは、悪質商法におけるトラブルや製品・食品やサービスによる事故といった相談の第1歩として、近所の消費生活相談窓口を案内してくれる窓口のこと。全国共通の電話番号「188」をかけるだけで、誰でも利用することができる。最後に岡村長官は「自分が気を付けるだけでなく、友人や家族の中に、何か困っている人がいたら“188”を教えてあげてください」とアピールした。