ORICON NEWS


『SSFF&ASIA 2019』アカデミーやカンヌの受賞作・注目作を日本初公開 審査員に永瀬正敏ら

  • LINEで送る

第91回アカデミー賞短編実写部門受賞『スキン』

 米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(=SSFF & ASIA)2019』の上映作品ラインナップが決定した。21年目となる今回、世界130の国と地域から応募されたおよそ1万本を超える作品の中から厳選された約200作品を、東京会場のほか、全国で視聴できるオンライン会場でも紹介していく。

【写真】審査員には永瀬正敏、安藤桃子らが決定

 日本初公開となる『第91回アカデミー賞』短編実写部門受賞の『スキン』や、『ローマ』で同監督賞・撮影賞を受賞したアルフォンソ・キュアロン監督による初期作品、『アラジン』主演のナオミ・スコット、ギャスパー・ウリエル(『たかが世界の終わり』)、ジェレミー・アイアンズ(『運命の逆転』)など、世界の名監督、名俳優によるショートフィルムがそろった。

 今年より合計4作品が推薦でき、翌年のアカデミー賞につながるオフィシャルコンペティション(インターナショナル、アジアインターナショナル、ジャパン各部門)の審査員も発表。かたせ梨乃、中江有里、永瀬正敏、安藤桃子監督、ジーナ・デラバルカ氏が務める。

 オンライン会場では、25歳以下の国内監督による5分以下の作品を紹介する「U-25プロジェクト」や、アカデミー賞やカンヌ映画祭受賞&ノミネート作品、海外のセレブリティー出演作品などをインターネット上で配信。セレモニーのライブ配信も予定している。

■『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア』公式サイト
https://www.shortshorts.org/2019