ORICON NEWS


勝俣州和、評価一変の出川哲朗に感心 体調気遣う「血圧下げる薬ばかり飲んでる」

  • LINEで送る

評価一変の出川哲朗に感心していた勝俣州和(C)ORICON NewS inc.

 タレントの勝俣州和(54)が24日、都内で行われた『銀座 鰻せいろう 高之屋(こうのや)』新店舗オープン試食内覧会に登場。“うなぎのぼり”と思う人物について質問されると、お笑いタレントの出川哲朗(55)を挙げ、「楽屋では血圧を下げる薬ばかり飲んでる」と裏話を明かした。

【全身ショット】勝俣州和、トレードマークの短パンは健在

 勝俣は、出川について「抱かれたくない男ナンバーワンがCMにもテレビにも出まくっている。日本一嫌われていたのに今や女の子にかわいいと言われてますから」と1学年上の先輩を絶賛。ただ、薬を飲んでいる状況を目にしていることから「令和元年に亡くなるんじゃないかな。出来るだけ長生きしてほしい」と出川の体調を気遣っていた。

 また、令和の目標を聞かれると「年号が変わろうが仕事は変わらない。令和になっても“かっちゃん”でいたい。テレビは元気なので楽しい番組を送りたいですね」と意気込んだ。

 同店は、福岡県柳川市発祥の伝統料理「鰻せいろう」が楽しめる鰻専門店で、第1号店として26日銀座にオープン。メニューは「鰻せいろう蒸し」の他に、お刺身をセットで選べる「半せいろう蒸しご膳」などが用意され、本格的な鰻料理を楽しめる。