ORICON NEWS


乃木坂46山下美月・梅澤美波・久保史緒里が葛藤を語る「アイドルとして、どうあるべきか」

  • LINEで送る

『B.L.T.5月号』表紙&巻頭特集に登場した乃木坂46(左から)久保史緒里、山下美月、梅澤美波

 アイドルグループ・乃木坂46が、きょう23日発売のテレビ情報誌『B.L.T.5月号』(東京ニュース通信社)の表紙と巻頭46ページ特集に登場した。

【写真】山下美月、梅澤美波、久保史緒里のソロショット

 表紙を飾ったのは山下美月、梅澤美波、久保史緒里の3期生トリオ。春らしいピンクの衣装に身を包み、決意に満ちた視線を向ける。グラビアでは、ラフなTシャツ姿で街ロケし、自然体な3人をとらえたカットも多数掲載される。

 1期生の相次ぐ卒業や4期生の加入で新たな自覚も芽生えつつある3人に対して「3期生の“現在地”」をテーマにしたロングインタビューも。「自分がアイドルとして、どうあるべきかすっごく迷っています」(山下)、「いつも堂々としていたいのに先輩の前で初めて泣いてしまいました」(梅澤)、「暗いトンネルの中でも、燃えている闘志を頼りに今、前に進んでいます」(久保)とそれぞれ不安や葛藤を抱えながらも、「もっともっとプレッシャーでもどんな負荷でもかかって来い!」と前向きな思いも明かす。

 また、1期生からは19日に卒業ソロコンサートを行った衛藤美彩と、キャプテンの桜井玲香、2期生からは堀未央奈と鈴木絢音、4期生からは掛橋沙耶香と早川聖来が登場。「それぞれの乃木坂46」をテーマにグループの未来を語る。このほか、4月11日スタートのテレビ東京ドラマ『電影少女‐VIDEO GIRL MAI 2019-』(毎週木曜 深1:00)で主演を務める山下のクランクイン密着リポートも。別冊付録として表紙の3人の両面超ビッグポスター、クリアファイルも付く。

 このほか、4月3日に結成5周年を迎える AKB48チーム8も特集。小栗有以、倉野尾成美、坂口渚沙のグラビアのほか、チームAのキャプテンも兼任する岡部麟が、胸中を赤裸々に語ったロングインタビュー、チーム8の劇場公演『その雫は、未来へと繋がる虹になる。』をプロデュースする湯浅順司と、坂口渚沙・大西桃香・行天優莉奈の対談、3月9日に開催されたチーム8の全国ツアー山口公演の密着取材および下尾みうのインタビューなど盛りだくさん。チーム8の軌跡と今を紹介する。