ORICON NEWS


幡野智宏&Sister MAYO『リュウソウジャー』主題歌熱唱 600人とケボーンダンス

  • LINEで送る

『騎士竜戦隊リュウソウジャー』主題歌発売記念イベントに出席した(左から)松本寛也、リュウソウレッド、幡野智宏、Sister MAYO (C)ORICON NewS inc.

 歌手の幡野智宏とSister MAYOが20日、東京・池袋サンシャインシティの噴水広場で開催されたテレビ朝日系スーパー戦隊シリーズ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(毎週日曜 前9:30)主題歌発売記念イベントに出席。先日放送がスタートしたばかりの同番組オープニングテーマ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』を幡野が、エンディングテーマ『ケボーン!リュウソウジャー』をSister MAYOが集まった600人の親子連れの前で熱唱した。

【写真】イベントを盛り上げるリュウソウレッド&幡野智宏

 このほかにも幡野は『宇宙戦隊キュウレンジャー』オープニングテーマ「LUCKYSTAR」、Sister MAYOは『魔法戦隊マジレンジャー』エンディングテーマ「呪文降臨~マジカル・フォース」を歌唱。すると、イベントの司会を務め、当時マジイエローを演じた松本寛也が飛び入りでダンスを披露し、会場は大盛り上がり。松本は「あいつ1年間やったのに、踊れないのと言われたくなくてめっちゃ練習した。無事サビは踊れました」と満足げで、スーパー戦隊親善大使を務めるだけに「これから1年リュウソウジャーを盛り上げていきたい」と意気込みを新たにした。

 また、イベントではエンディングでメインキャストが披露している『ケボーン!ダンス』をSister MAYOによるレクチャー後、松本、幡野、リュウソウレッド、そして会場のファンとともに元気よくダンス。Sister MAYOは「歌いながらジャンプをしないといけないのは難儀だなというのはありますが、その部分はサビだしハイテンションでやってもらうのが醍醐味(だいごみ)なので、そこが元気よくジャンピングして」とコツを伝授していた。

 イベント後、幡野は「『キュウレンジャー』から2年ぶりということで、楽しみにしつつ緊張してたんですけど、たくさんのお客さんがきてくれてよかった。これからは『ケボーン!』をはやらせていきたい」と意欲。13年ぶりのエンディングを担当するSister MAYOは「新鮮だし緊張しました。みんなが覚えてきてくれて、ぐっときて泣きそうでした。これから楽しい1年になれば」と笑顔をみせていた。

(C)2019テレビ朝日・東映AG・東映