ORICON NEWS


佐藤健、青木崇高と“るろ剣”コンビで殺陣シーン「リアルに見せるのが難しい」

  • LINEで送る

映画『サムライマラソン』の公開記念舞台あいさつに登壇した(左から)小関裕太、青木崇高、森山未來、佐藤健、小松菜奈、染谷将太、竹中直人、バーナード・ローズ監督 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の佐藤健、青木崇高が23日、都内で行われた映画『サムライマラソン』の公開記念舞台あいさつに登壇した。映画『るろうに剣心』でタッグを組んだ2人が、今作では対立関係となり、劇中で披露した迫力ある殺陣シーンの撮影秘話に花を咲かせた。

【動画】佐藤健×青木崇高、るろ剣コンビが殺陣シーンを解説

 司会から他作品の名が挙がり、青木は「言っちゃっていいの?」と心配顔。しかし佐藤は「事実ですから」と笑顔で切り出し「(『るろ剣』では)ほとんど戦ってないからね 同じ方向を向いていたのが(今作で)向き合うことになって…」。殺陣シーンに話題が及ぶと「結構、2人で作りましたね。監督からは『チャンバラでなく、殺し合って見えるように』と。リアルに見せる殺陣って難しい」と振り返った。

 映画の舞台は幕末。迫る外国の脅威に備え、安中藩主・板倉勝明は藩士を鍛えるために、十五里(約58キロメートル)の山道を走る遠足を開催する。しかし、この動きが幕府への反逆とみなされ、藩士不在の安中藩に刺客が送り込まれる。「行きはマラソン、帰りは戦」というキャッチコピーで、走る侍、剣術アクションなど新しい幕末エンターテインメントとなっている。

 バーナード・ローズ監督が手がける新感覚の時代劇に「自分史上、一番スリリングな現場だった」と佐藤。海外からの注目度も高く「和の心が見どころ」とアピールすると「キャストそれぞれに大和魂があって、所作の美しさ、着物の着こなし、日本語の美しさなど、醸し出てくるものがある。それを感じていただけたら」と言葉に力を込めていた。

 舞台あいさつにはそのほか、小松菜奈、森山未來、染谷将太、小関裕太、竹中直人が出席した。