ORICON NEWS


『アナと雪の女王』続編、11・22日米同時公開決定

  • LINEで送る

ディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王2』11月22日、日米同時公開(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

 日本中に“Let It Go”旋風を巻き起こし、社会現象となったディズニー・アニメーション映画『アナと雪の女王』(2013年)。待望の最新作の公開日が日米同時となる11月22日に、邦題は『アナと雪の女王2』に決定した。

【画像】公開された『アナ雪2』場面カットがもう1枚

 日本で史上最も愛された洋画アニメーションとして君臨する前作は、興行収入約255億円、観客動員約2000万人という驚異的な数字で日本の歴代興行収入第3位を記録。日本を含む全世界興行収入は12億7648万335ドル(※boxoffice mojo調べ)にのぼり、90年以上続く歴代ディズニー・アニメーション作品のトップに君臨している。

 世界はもちろん、日本中が待ちわびた最新作の声優は、エルサ役にイディナ・メンゼルが、アナ役にクリステン・ベルが続投。さらに監督はクリス・バックとジェニファー・リーが前作から引き続き務めている。ディズニー初のWヒロインという新しい試みと演出・最新技術で世界を驚かせたゴールデン・コンビが最新作ではどのような仕掛を用意して観客を楽しませてくれる。

 エルサとアナを待ち受ける次なる冒険やオラフ、クリストフをはじめとする魅力的なキャラクターたちの活躍など、今から期待が高まる。

■空前の“アナ雪”ブーム。
 日本でブームのの先駆けとなったのは、代表曲「Let It Go」のミュージッククリップ。再生回数の記録をうちたて、瞬く間に全国へ広がり、和訳である「ありのままで」というワードはその年の流行語大賞にも選ばれたほど。歌唱シーンのパロディ映像や二次創作、ディズニー初のWヒロインに憧れたファンがエルサやアナ風の衣裳を身に着ける姿があらゆるところで目撃されるなど、日々の暮らしで「アナ雪」という単語を聞かない日はないほど、驚異的な人気を獲得し、“社会現象という言葉を日本中が実感した”作品。