ORICON NEWS


片岡鶴太郎、次男・荻野綱久が画家で独り立ちし感慨「一人の男としても祝福したい」

  • LINEで送る

『Black&Flash』の内覧会に登場した(左から)片岡鶴太郎、荻野綱久 (C)ORICON NewS inc.

 タレントの片岡鶴太郎(63)が16日、東京・六本木のMonte Carlo Galleryで次男・荻野綱久(32)の個展『Black&Flash』の内覧会にゲストとして参加。荻野は絵を描き始めたことで鶴太郎との関係が良好になったことを感慨深げに明かした。

【写真】ガッチリと握手を交わす片岡鶴太郎と次男の荻野綱久

 Monte Carlo Galleryで日本人アーティストが個展を開くのは初めてのこと。もともとミュージシャンだった荻野は美術を学ぶことなく、筆を握った天才肌のアーティスト。エネルギーに溢れた作品が特徴となっている。画家になったのは5年ほど前に見た夢がきっかけだったという。「夢の中の自分は画家だった。アトリエで絵を描いていた。起きたときに奇妙で、その夢が必ず訪れる現実のように感じた」と振り返った。そこから美術の世界に導かれるような出来事が起きたという。バンドのイメージ作りなどで絵を描き始めた。そして鶴太郎から芸術家・草間彌生氏のDVDを「面白いから」と渡されたそう。「すごくシンパシーを感じた。自分でもやりたいという気持ちが目覚めた」と絵との出会いを回想した。

 そこから絵に没頭。画風も水墨画を描く鶴太郎とは全く違うものとなっている。荻野が絵に目覚めるキッカケを作った鶴太郎も「出来上がった作品は私のとは全く毛色が違う。私と同じ墨で魚や野菜を描いていたら辞めろって言いますね。俺の後を歩いても、どうしようもない。才能以前の問題でね。これが全く別のもので私も面白がって見ています」と息子の成長に感慨深げだった。

 個展もギャラリー関係者が荻野の絵を偶然、見かけインスタグラムでオファーした。親の力を借りずに個展を開催したことについて鶴太郎は「絵を描いて、2~3年になる。今年になって一本立ちした。一人のアーティストとして発掘していただいて認めてくださって展覧会ができた。これは彼にとって大きな出発。生涯をかけるものが発見できたということを息子として、一人の男としても祝福したい」とエール。そして「画家は職業じゃない。生き方」と金言を与えていた。

 そんな言葉を聞いた荻野は「20代は音楽一本で、それしか見えていない」と振り返りつつも、なかなか芽が出なかったこともあり「その状態が長かった。そういうときは父にも会いづらい。できたら顔を会わせずにいたかった。でも、本当に導きというか、出会いで絵を描き始めた。絵を描き始めてから本当に男同士で向き合えた気がした。絵を描き始めてから胸を張って今、幸せと言える状態に精神的になった。生きがいと感じていますね」と胸に秘めた思いを明かしていた。

 また鶴太郎は9月11日、撮影中の“コミカル”な動きで半月板損傷を損傷。手術を受けて成功していたことをブログで明かしていた。現在はヨガや正座をできるまでに回復。「ヨガもやってリハビリをしていまして『ほかの方々より治りが早い』と主治医の先生もおっしゃっていました。『ヨガいいんですね』と先生も言ってまして『でしょ、先生!』と。ヨガをやっていてよかった」と笑顔を見せていた。

 個展は17日から30日まで。ショーウィンドウで荻野によるライブペインティングも行われる予定となっている。