ORICON NEWS


実写ドラマ『I”s』磯崎泉役に萩原みのり 先輩の一貴に積極的なアプローチ仕掛ける

  • LINEで送る

萩原みのりが演じる実写ドラマ『I”s』磯崎泉のキャラクタービジュアル(C)桂正和/集英社・スカパー!

 12月21日よりBSスカパー!、スカパー!オンデマンドで放送・配信される実写ドラマ『I”s(アイズ)』の磯崎泉役が、女優の萩原みのり(21)に決定した。あわせてイメージ映像とキャラクタービジュアルが公開。主人公・瀬戸一貴が高校3年生の夏に海辺で出会った同じ高校に通う2つ下の後輩を演じ、積極的な性格で一貴にアプローチを仕掛けていく。あわせて、イメージ映像とキャラクタービジュアルが解禁された。

【動画】ドキッとするようなショットも…公開された実写版・磯崎泉のイメージ映像

 同作は、同じクラスでグラビアモデルや劇団員として活躍している伊織に、片想いをしている一貴が、高校2年生になった時期から物語はスタート。高校3年生、浪人生になる過程で幼なじみのいつき、後輩の泉、伊織に似た麻生藍子といったヒロインたちと出会い、彼女たちと一貴が織り成す甘く切ないラブストーリー。『週刊少年ジャンプ』で1997年から2000年まで連載し、コミックスは全15巻、OVAやゲーム化もされている。

 萩原は、2013年にデビューしてから映画『劇場版 零~ゼロ~』、『神さまの言うとおり』、『心が叫びたがってるんだ。』、ドラマでも『さよなら私』、『REPLAY&DESTROY』などに出演している。

 今回の起用に萩原は「初めてこの漫画を読んだ時、女の子たちの表情1つ1つが胸に刺さり、愛しくて苦しくてたまりませんでした。泉のさまざまな表情が頭から離れなくて、自分がそれを体現できるのかという不安もありましたが、泉と向き合ってたくさん悩んだあの期間は私にとって一生忘れられない大切な経験になりました」と悩みもあったが貴重な体験をしたと明かし「イチタカ先輩に本気で恋をしたあの時間、本当にあっという間で『I”s』という作品で泉を演じられたことは私の一生の自慢です。楽しみに待っていただけたらうれしいです」と伝えた。

 すでに発表されているキャストは主人公・一貴役を岡山天音、伊織役を白石聖、秋葉いつき役を柴田杏花、一貴の親友・寺谷靖雅役を伊島空、女性のような美しい顔立ちで影の薄い・越苗純役を小越勇輝、一貴の恋の邪魔する木田茂吉役を冨田佳輔、不良生徒の鮫島役を水石亜飛夢、一貴のクラス担任・花園広巳役を宇梶剛士が務める。また、監督は豊島圭介氏と安里麻里氏が担当する。

 残りのヒロインの藍子役を務めるキャストは、追って発表。ドラマは12月21日より午後9時からBSスカパー!、スカパー!オンデマンドにて全13話で放送・配信される。