ORICON NEWS


冬の仮面ライダー映画に、Wと電王のアナザーライダーが登場

  • LINEで送る

『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』(12月22日公開)に登場する新キャラクター(左から)アナザーW、アナザー電王、フータロス「ジオウ&ビルド」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 毎年冬の恒例映画として人気を博してきた『仮面ライダー×仮面ライダー MOVIE大戦』(2009年~15年)。16年から『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』とタイトルを改めた一連のシリーズ最新作にして、平成最後の仮面ライダー劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』が12月22日に公開される。このたび、映画で初登場を果たすキャラクターが発表された。

【画像】平成仮面ライダー20人勢ぞろい 撮り下ろしキャラポスター

 テレビ朝日系『仮面ライダージオウ』(毎週日曜 前9:00)で常磐ソウゴ(奥野壮)、明光院ゲイツ(押田岳)の前に立ちはだかる敵怪人“アナザーライダー”。映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』ではソウゴ、仮面ライダービルド/桐生戦兎(犬飼貴丈)たちと対峙する、ある2体のアナザーライダーが満を持して登場する。その2体のアナザーライダーとは、「アナザーW」と「アナザー電王」。

 そもそも、アナザーライダーは歴史を変えようと目論むタイムジャッカーがアナザーウォッチで創り出した仮面ライダーであり、アナザーライダーが誕生した瞬間、その時代に活躍する正規の仮面ライダーは消滅し、アナザーライダーにとって代わられてしまい、歴史そのものが変化してしまう。平成仮面ライダーたちのビジュアルを残しつつ、不気味な様相を呈したその姿は、テレビシリーズの初回放送時からネットを中心に多くの反響が寄せられた。テレビシリーズでは、これまで「アナザービルド」「アナザーエグゼイド」「アナザーフォーゼ」「アナザーファイズ」「アナザーウィザード」が登場してきた。

 今回、初解禁となったアナザーWとアナザー電王のビジュアルをみると、アナザーWは仮面ライダーWの色合いを残しつつも目が4つあり、全方位を見つめ、死角がなさそう。一方、アナザー電王は目と肩が大きく歪曲している。まだまだ謎の多い強敵、アナザーWとアナザー電王は『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』でいかにその強さをもってソウゴなど戦兎たちの前に立ちはだかるのか…。

 『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』では、新たなイマジン、「フータロス」も登場する。そのビジュアルも初解禁。フータロスの肩・腕に注目してみると、フータロスの「f」の文字のようなものが見受けられる。

 『仮面ライダー電王』」(2007年)で、平成仮面ライダー史上最も不運な主人公・野上良太郎(佐藤健)に憑りついていたのが、4体の“イマジン”。イマジンとは未来からやってきた人類の精神体であり、憑りついた人間のイメージによって怪人としての肉体を得た姿。憑りついた人間との契約を果たすことで契約者の過去へタイムスリップし、歴史を改変するために、契約者に対し「おまえの望みを言え…」と迫る。

 全てのイマジンが敵ではなく、良太郎に憑りついた、モモタロス(声=関俊彦)、ウラタロス(声=遊佐浩二)、キンタロス(声=てらそままさき)、リュウタロス(声=鈴村健一)のように味方のイマジンも存在する。それぞれ異なる人格をもつため、良太郎に憑依することで良太郎自身も人格が変化し、1人4役の異色のライダーとして人気を博した。また、テレビシリーズや映画のみならず、イマジンたちが主題歌を歌ったCDが発売されたり、イマジンたちのイベントが開催されるなど、イマジンたちの声を担当した声優陣も『仮面ライダー電王』人気の一端を担ってきた。

 「本作に登場する映画オリジナルの新イマジン、“フータロス” は誰と契約を交わすのか、敵か味方か…そしてフータロスの声は誰が演じるのかにも注目したい。