ORICON NEWS


貴乃花親方、協会からの圧力主張 電撃引退は「苦渋の決断」新団体設立は否定

  • LINEで送る

貴乃花親方(C)ORICON NewS inc.

 元横綱・貴乃花の貴乃花親方(46)=本名・花田光司=が25日、都内で記者会見を開いた。日本相撲協会に「引退届」を提出したことを改めて報告し、決断に至るまでの経緯を説明した。

【動画】貴乃花親方、引退会見ノーカット版

 発端となった貴ノ岩への暴行問題について、協会側から「告発状は事実無根の理由だと結論づけられた」といい「私は告発状の内容は事実無根でないと説明したが、認めないと親方を廃業せざるを得ないと有形、無形の要請を受け続けた。さらに協会理事会において、すべての親方は、一門のどこかに所属しないと部屋を持つことができないとの決定がなされ、いずれかの一門に入る条件として『告発の理由は、事実無根の内容に基づくものと認める』よう言われ続けた」と告白。

 圧力を受けたことを主張し「真実を曲げてまで告発の内容が事実無根だと認めることは私にはできない」としたが、「これでは貴乃花部屋に所属する力士たちは相撲を続けることが困難になり、安心して鍛錬、精進することができません。このような状況において、断腸の思いではありますが貴乃花部屋に所属している力士、床山及び世話人は、全員継承者である千賀ノ浦部屋に所属を変更させて頂き、私貴乃花光司は年寄りを引退させていただくことが最善の道であると苦渋の決断をするに至った次第です」と明かした。

 今後の相撲への関わり方を問われ「私は、土俵に育てられたので、土俵には携わっていきたい。住まいでもある相撲部屋に土俵はあるので、できる限り存続のままいきたい」と語る一方で、「協会に残る考えはあったか?」との声には「ありません。相撲には携わっていきたいが、弟子たちがかわいいですので、これからも柔らかな気持ちで見守ってあげたいという思いが強くある」。新団体設立の可能性についても「ございません」と答えた。