ORICON NEWS


チョコプラ、初栄冠は「まぼろし~」 またも『KOC』優勝逃す

  • LINEで送る

惜しくも優勝を逃したチョコレートプラネット(左から)長田庄平、松尾駿

 “コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2018』決勝戦が22日、東京・赤坂のTBSで行われ、ハナコが11代目キングに輝いた。1stステージ首位通過で“王手”をかけていたチョコレートプラネットは、逆転優勝を許し、涙をのむ形となった。

【写真】ハナコ、優勝トロフィーを手に喜び爆発

 2014年の同大会で準優勝。リベンジを誓い臨んだ今回は、ブレーク中のIKKO(松尾駿)、和泉元彌(長田庄平)物まねを“封印”した。コント師として盤石の強さを発揮していたが、最終順位は3位。つかみかけていた栄冠を逃した松尾は、IKKOネタを解禁し「(優勝は)まぼろし~」と、悲しく叫んだ。

 審査員のバナナマン・設楽統は「チョコプラは『跳ねろ!』と思いながら見ていました。(優勝に)指がかかった状態だったけど…」と惜しみながら「ハナコがすごい。もっともっとコントが見たい」と新王者を称賛。ダウンタウン・松本人志も「ちょっと、チョコプラは小道具に頼りすぎたかな」と、渋い表情で評価した。

 見事に1stステージ3位から逆転優勝を決めたハナコは、14年結成の菊田竜大、秋山寛貴、岡部大からなるトリオ。チャンピオンとして名前を呼ばれると「うわ~! すご~い!」「マジで!?」と興奮気味に喜びを爆発させた。

 今大会は、史上初となるファイナリスト10組を決勝当日の生放送で随時発表。総エントリー2490組から、やさしいズ、マヂカルラブリー、ハナコ、さらば青春の光、だーりんず、チョコレートプラネット、GAG、わらふぢなるお、ロビンフット、ザ・ギースが決勝進出を決めた。

 大会初の女性MCとして女優の葵わかなを抜てきし、ダウンタウンの浜田雅功との2人体制で進行し、審査員の松本、さまぁ~ず、バナナマンが、1人100点の500点満点で採点。上位3組のチョコレートプラネット、わらふぢなるお、ハナコがファイナルステージに進み、審査員5人が出す合計点の高さで優勝を争った。優勝賞金1000万円。

 同大会は2008年から毎年行われ、今年で11回目。プロアマ問わず、芸歴制限なく出場可能で、歴代キングはバッファロー吾郎、東京03、キングオブコメディ、ロバート、バイきんぐ、かもめんたる、シソンヌ、コロコロチキチキペッパーズ、ライス、かまいたちが名を連ねている。

■『キングオブコント2018』ファイナルステージ順位
1位 ハナコ 936点(1st:464点 ファイナル:472点)
2位 わらふぢなるお 922点(1st:468点 ファイナル:454点)
3位 チョコレートプラネット 918点(1st:478点 ファイナル:440点)