ORICON NEWS


“Nissy”西島隆弘×吉沢亮のダンス動画が話題 手をつないで“トリコダンス”披露

  • LINEで送る

(左から)西島隆弘、吉沢亮 (C)ORICON NewS inc.

 映画『あのコのトリコ』(10月5日公開 宮脇亮監督)の主題歌「トリコ」を歌うNissyことAAA・西島隆弘と、同作で主演を務める吉沢亮のイケメンすぎるダンス動画が話題となっている。

【MV動画】Nissy&新木優子がキュートな“トリコダンス”

 動画は、Nissyと新木優子が「トリコ」のミュージックビデオ内で披露している“トリコダンス”を、Nissy&吉沢亮で挑戦したもの。このイケメン同士のダンスがNissyのスタッフツイッターでアップされると、瞬く間に10万いいねを突破し、1日足らずで動画再生回数は100万回を超えた。

 イケメン2人が仲良くハートを作ったり手をつないだりする動画を見たファンは大興奮。「神かよ」「待ってました!」「最強コンビ」「マジで最高可愛すぎるもう無理」といった歓喜の声であふれている。

 同映画は、『Sho-Comi』(小学館)にて連載され、既刊5巻コミックスで累計発行部数100万部を突破(電子ダウンロード含む)した白石ユキ氏の漫画を実写化。田舎から東京の芸能コースがある高校に転入した主人公・鈴木頼を吉沢が演じ、頼が一途に思いを寄せるヒロイン・立花雫を新木、頼のライバルとなる人気イケメン俳優・東條昴を杉野遥亮が演じる。地味で冴えないメガネ男子の頼が、雫のためにかっこよく変わっていく様と、頼、雫、昴の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるストーリー。

 プロデューサー陣からの「映画館から明るい気持ちで帰れるような曲を」とリクエストされたNissyが、映画のエンディングを飾るにふさわしい、ハッピーな楽曲「トリコ」を作詞・作曲。作品の世界観やメッセージに沿って、歌詞には「雫」という言葉が印象的に散りばめられている。