ORICON NEWS


斎藤工主演×松田聖子共演映画、邦題は『家族のレシピ』来年3月公開

  • LINEで送る

シンガポール・日本・フランス3ヶ国合作映画『ラーメン・テー(Ramen Teh)』の邦題が『家族のレシピ』に決定。2019年3月より全国で順次公開(C)Zhao Wei Films/Wild Orange Artists

 俳優の斎藤工が主演、歌手の松田聖子が共演した、シンガポール・日本・フランス3ヶ国合作映画『ラーメン・テー(Ramen Teh)』の邦題が『家族のレシピ』に決定。来年3月より、東京・シネマート新宿をメイン館に全国で順次劇場公開される。

【場面写真】斎藤工と松田聖子の共演シーン

 同映画は、シンガポールと日本の外交関係樹立50周年(2016年)をきっかけに製作された、ラーメンとバクテー(肉骨茶)、両国ソウルフードの「おいしい」がつなぐ家族愛を描いた感動作。斎藤演じる主人公が、父親の死をきっかけに幼い時に亡くした母の地元・シンガポールに旅立ち、一度はバラバラになってしまった家族の絆を取り戻すために奔走する。

 聖子は、シンガポールのフードブロガー役で主人公に現地の名物グルメを案内し、家族探しを手助けする。その他に、伊原剛志、別所哲也ら日本人キャストに加え、シンガポールからは、人気コメディアンのマーク・リーや国民的女優のジネット・アウらが出演。

 メガホンをとったのは、カンヌ、べネチア、トロント、ベルリンなどの国際映画祭で常に高い評価を得ているシンガポールを代表するエリック・クー監督。彼は2011年に辰巳ヨシヒロ氏の漫画原作の長編アニメーション『TATSUMI マンガに革命を起こした男』でも広く知られる。

 劇中には、美食の国・シンガポールの名物グルメの数々と、今や日本を飛び出し世界的なブームを巻き起こしているラーメンが続々と登場。9月開催の「世界一の美食の街」と謳われるサン・セバスチャン国際映画祭(9月21日~29日)の「Culinary Cinema(キュリナリー・シネマ)」部門に正式招待され、食事付き上映会が同23日(現地時間午後6時半)に行われる。現地には、エリック・クー監督、斎藤、松田、シンガポールより女優のジネット・アウが出席する予定。

■公式サイト
www.ramenteh.com