ORICON NEWS


「ピノ」の“食べるアート”、夏のフォトジェニックな体験型スポット誕生

  • LINEで送る

“食べるアート”を体感、『pinofantasia (ピノファンタジア)』開催

 8日に放送され話題となった『国民1万人がガチで投票! アイス総選挙2018』(テレビ朝日系)で9位にランクインした森永乳業の人気アイス「ピノ」。その「ピノ」で表現する「アート」と「食」「空間」を掛け合わせた体験型イベント『pinofantasia (ピノファンタジア)』が8月から期間限定でオープンする。

【写真】まるで宝石!? 「ピノ」が幻想的なオリジナルカラーに変身

 『pinofantasia (ピノファンタジア)』は、「ピノ」史上初の「アート」×「食」×「空間」を掛け合わせた新感覚の体験型イベント。ラフォーレ原宿で開催される本イベントはroom「イロ」と room「ヒカリ」の2つの空間で、フォトジェニックな「ピノ」を楽しむことができる。

 room「イロ」では、オリジナルの「ピノ」作り体験が可能。8色のチョコレートソースから4色を選び、ホワイトチョコでコーティングされた白い「ピノ」にブレンドした色を重ねることができる。持ち帰り可能の限定缶に入った色とりどりの「ピノ」はまさにフォトジェニック。また、ポップな空間の中には世界にひとつしかない高さ3メートルの「ピノチョコファウンテン」も。

 room「ヒカリ」は、最新のテクノロジーを活用したシステムやデジタルコンテンツの開発を行うチームラボとコラボレーション。スプーンに美しく盛り付けられた3種類の「ピノ」と、スプーンの動きに連動した映像で楽しむデジタルアートが体験できる。幻想的な映像がテーブル上に映し出される様子は、フォトだけでなくムービーでも楽しめそうだ。

 『pinofantasia (ピノファンタジア)』はラフォーレミュージアム原宿で、8月7日~9月2日(※8月21日、22日は休館)に期間限定オープン。