ORICON NEWS


桐谷健太、初の“モテ役”に上機嫌 中村アンからも公開告白「タイプだった」

  • 0
  • LINEで送る

TBS系火曜ドラマ『きみが心に棲みついた』制作発表会見に出席した桐谷健太 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の桐谷健太が13日、都内で行われたTBS系連続ドラマ『きみが心に棲みついた』(毎週火曜 後10:00※初回15分拡大)に出席した。劇中で吉岡里帆演じる主人公・今日子から思いを寄せられる明るく誠実な漫画編集者・吉崎役の桐谷だが「ここまでモテる役は初めて。やっと世間が気づき出した」と上機嫌で語った。

【写真】ケーキに驚く吉岡の姿など、会見の模様

 同ドラマは天堂きりん氏による漫画を原作に、自分に自信がなく、挙動不審な態度をとってしまう“キョドコ”こと今日子が明るく誠実な漫画編集者の吉崎(桐谷)と大学時代に初めて自分を受け入れてくれたものの実は加虐的な面を持つ星名(向井理)の間で揺れるいびつな三角関係を描いたラブストーリー。
 
 そんな桐谷に吉崎の元カノ・成川映美を演じる中村アンは「個人的に桐谷さんのことがタイプだった」と突然の公開告白。ムロツヨシが「ここで急にそういうことやるの~!?」と声をあげ、鈴木紗理奈は「リアルモテじゃないですか」とひやかすも、中村は「結婚する前から好きだったんですよ。だからすごくうれしいです」と余裕の表情。桐谷は「うそはやめてよ、うそは」と驚きつつもまんざらでもない様子だった。

 一方で吉崎が担当するちょいエロ漫画家・スズキ次郎を演じるムロは「恋愛ドラマということで恋愛する気満々できたんですが、これだけ女性がいるなか私の恋愛は一切ありません」と役柄の“非モテ”ぶりに不満げ。「7話くらいまで台本できてますが誰とも恋愛せずに終わりそう。でもまだわかりません。なんとか無理して恋愛しようと思います」と食い下がっていた。

関連記事