ORICON NEWS


ミクシィ「チケットキャンプ」来年5月末終了を正式発表

  • 0
  • LINEで送る

ミクシィが「チケットキャンプ」閉鎖報道で声明を発表

 IT大手ミクシィは27日、同社の子会社「フンザ」が運営するチケット転売サイト「チケットキャンプ(チケキャン)」のサービスを来年5月末で終了することを正式に発表した。

【画像】チケット転売サイトの利用経験、4人にひとりが「あり」

 チケキャンをめぐっては、チケットの高額転売が問題視されており、今月上旬にはジャニーズ事務所の商標権を侵害した疑いで兵庫県警がフンザを家宅捜索。7日には公式サイトでサービスの一時停止と一連の問題について調査委員会を設置すると発表していた。

 これを受け27日、ミクシィは文書で調査報告を発表。まず、商標権侵害の疑いについて「サイトの表示について商標法違反又は不正競争防止法の疑念を生じさせるようなものであったことは否定できない」と調査委の指摘を報告。

 また、チケット転売というサービスの根幹自体も「コンサートチケットなどのインターネット上での高額転売が社会的に強く非難され、転売目的の購入行為について刑事罰まで課されるに至っている現在の状況等に鑑みれば、本サービスを今後も存続させるか否かを含めて慎重に検討すべきとのご指摘をいただきました」と調査委の見解を伝えいている。

 そのうえで「1. チケットキャンプ事業の終了」「2. 関係者の処分について」として今後の対応をまとめた。

 チケキャンの事業については、「一時停止しておりますチケットキャンプの事業を、2018年5月末をもって完全に停止しサービス提供を終了します」と発表。現在サービスを利用している人の問い合わせに対応するため、5月末まで一部サービス・窓口を継続するとしている。関係者の処分では、フンザの笹森良代表取締役、酒徳千尋取締役の辞任などが決定した。

関連記事