私の小倉台日記

■プロフィール
勝山朗子(かつやま・あきこ)
  小説家、エッセイスト。房総文化懇話会会員。文学サークル『槙』同人。共著に『千葉児童文学選集』『槙・文学選集1・2・3』『何がそんなに…』など。千葉市在住。


バスの指定席

  • LINEで送る

 小倉台から千葉駅までのバスに乗るとき、空いていれば運転席の後ろの席に座るのが習慣になっていた。第一に座席が高いのがいい。第二に進行方向に向いているのがいい。

 ところが最近は、そ ・・・

【残り 798文字】