シャクリ続ければ多点掛け サオ絞り込む大型も 飯岡沖のコマセアジ

  • LINEで送る

 梅雨が明けた。高校野球の県予選も熱闘を繰り広げ、本格的な夏の訪れは近い。夏の魚の代表といえばアジ。今が旬でタタキ、ナメロウなどのお造りから煮ても焼いてもと、どう料理しても美味。このおいしいターゲットが飯岡沖でトップ一束と、釣れに釣れている。型も23センチから40センチと中大型ぞろい。アミコマセによるシャクリ釣りで、額に汗して誘い続ければ、釣果は間違いなし。飯岡沖で旬のアジを狙え。

 この時季、同沖ではサビキの追っかけアジも行われているが、終盤を迎えている。これに代わってコマセのアジが好シーズンに突入した。サイズは30センチ前後が主体だが、35センチオーバーの大型もかなりまじり、サオを絞り込む。

 飯岡港「幸丸」の向後嗣一店主が、「追っかけよりコマセの方が型がいい。35センチ級をダブル、トリプル掛けすれば、ものすごい手ごたえ。40センチ超えもまじり、釣り過ぎると手が痛くなるほど。水深は35メートルぐらい。食いダナは底から5メートル。仕掛けを着底させ、コマセをまいて誘い上げれば、『ググン』と必ず良型がハリ掛かりする。釣らせますから来てみてください」と数釣りの最新情報を提供してくれた。

 使用ロッドは、2・1メートル前後の重り負荷30号、7・3調子のサオ。リールはPE3、4号を巻いた中型両軸。仕掛けはプラビシ60号に片テンビン40、50センチサイズ。1・5ミリ30センチのクッションゴムも必要。ハリはハナダイ仕様のウイリー4本バリ(一番下は空バリ)。同宿特製がおすすめ。

 船宿は本紙ニュース提供店「幸丸」(電話)0479(57)2258。「優光丸」(電話)0479(57)6281。(原田憲司)


今週の見出し

外川沖 夏ビラメ食い順調 飯岡沖
片貝沖のハナダイ良型
富浦沖のスルメ、乗り活発
江見沖 狙える五目
袖ケ浦沖、木更津沖 サビキに踊る小中アジ