「はやぶさ」憧憬

  • LINEで送る

 本体は燃え尽きても、小惑星探査機としての責務を全うした「はやぶさ」が、健気(けなげ)で、いとおしく、少年のような憧憬と感動を抱き締めている。

 探査機「はやぶさ」の打ち上げ写真を見ると、両翼を広げ、イオンエンジンからの噴射が、さながら尾翼のように延びていた。

 知識に欠ける私は、専門筋の教示が得たいと、齋藤洋さんに連絡した。洋さんは、私が名付け親の日未子さんのご主人だった。

 洋さんの職場は、(株)IHIエアロスペースという日本最大のロケットメーカーで、洋さんは、宇宙ステーション開発の設計部員として働いていて、探査機「はやぶさ」については、早くから日未子さんを通じて聞かされていた。

 洋さんから送られた資料によると、地球・火星・金星といった惑星は、誕生してから、地殻変動や大気や水による風化が急で、できた時点の痕跡がほとんど残っていない。これに対して小惑星は、非常に小さいため、太陽系誕生直後に冷却され、ほとんど変化せず、つまり小惑星は太陽系のタイムカプセルといえる。

 したがって太陽系誕生のなぞ解きには、小惑星から土壌サンプルを持ち帰る、いわゆる「サンプルリターン」が不可欠となる。かつて月からの「サンプルリターン」は、アポロ計画で実施されていたが、小惑星からのケースは世界初の試みだった。

 -「はやぶさ」が目標にした小惑星「ITOKAWA」は、1998年アメリカの研究機関により発見された「1998FS36」という惑星だが、「はやぶさ」の打ち上げ後は、日本のロケット開発の父である糸川教授にちなみ「ITOKAWA」と命名された。地球と似た軌道を周回する直径300メートルほどの小惑星である。(齋藤洋氏談)・・・