『北条藩一万石 惣百姓訴訟』(かわな静著)

  • LINEで送る

 百姓一揆は各地で知られるが、この北条藩の万石騒動は600人という農民が団結し、道理をふまえた訴訟を起こした。その行動に深く感銘を受けた著者が史実に基づき、何度も史料を読み返し、数年かけて書き下ろしたものである。

 当時の名主は命をかけて江戸に出向き、論理整然と冷静に皆と行動を共にし、成し遂げたことが分かる。

 しかも後に義民と呼ばれたたえられ(『館山市史』)ているが、「中心とされた3人を含めた600人の心が一つになっていたことを知ってほしい」と著者は訴える。

 瑞江の活躍や底辺には里見時代の武士道の知恵なども見え隠れする。農民の生きざまをリアルに表現していて、広く推奨したい。

 頒布価格735円。問い合わせは宮澤書店(電話0470-23-7771)。

 (川名興)