読者文芸(2017年4月9日)

日報俳壇 山中葛子選

千葉市 斎藤かよ
立春の川面戯むるひかりのこ
 【評】寒さはまだ厳しいとはいえ、日の光も色合いも微妙に変わってくる立春の川面。キラキラとした眩(まぶ)しさが、はしゃいで遊ぶ子どもたちの愛らしさを連想させる水の劇場。光りかがやく命を感受した「ひかりのこ」の詩力のみごとさ。

千葉市 鈴木一正
初音かや書画集開らく窓辺にも

【残り 1594文字】



  • LINEで送る