読者文芸(2017年1月22日)

日報俳壇 水見壽男選

木更津市 柏崎清一郎
妻に似しおかめを選ぶ酉の市
 【評】思わず微苦笑。佳い絵柄で少しく句作りに、視点を引いているのが技。酉の市にあっては何と言ってもおかめは主役。親しめる面立ちである。愛嬌(あいきょう)の低い鼻、豊かな頬など里神楽でも座の引き立て役を演ずる。導入部が大胆な諷詠で親しめる。

富津市 三辻あゆ ・・・

【残り 1529文字】



  • LINEで送る