読者文芸(2016年1月10日)

日報俳壇 実籾繁選

八街市 緑川安英
銀杏黄葉光背として我も立つ
 【評】仏像の背後に付ける光明を表す装飾が光背で、後光をかたどったものである。黄葉した銀杏の木をバックにすると、自分の存在が引き立ち、仏心の深まるひとときである。

野田市 渡辺孝夫
持ってけと摘み菜差し出す節くれ手
 【評】暖冬傾向が顕著 ・・・

【残り 1403文字】



  • LINEで送る