姉と勝浦・小湊に旅行 芥川龍之介(1) 中谷順子 【房総の作家】

 芥川龍之介(1892~1927)が、府立第三中学校の生徒だった明治39年8月、14歳の夏に、姉・ヒサと勝浦を訪れ小湊まで足をのばしたことが、芥川家の人々に送った龍之介の絵葉書によって知ることができる。

 8月7 ・・・

【残り 967文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る