御成街道と里見氏滅亡 南総里見八犬伝(19)

  • 0
  • LINEで送る

 慶長18年(1613)12月6日夜、徳川家康は平塚の中原御殿で、小田原城主で金山奉行であった大久保忠隣の謀反を耳にし、捕縛を命じるとともに、急遽翌1月に上総東金辺で鷹狩りをすると申し渡したこと ・・・

【残り 1032文字】

全文を読むには、会員登録が必要です。 → 会員登録へ

(月額486円のライトプランがおすすめです)


既に会員登録している方は、ログインして下さい。 → ログイン