「イマドキ若者・日本論」 コラムニスト深澤真紀氏が講演 12日、千葉政経懇11月例会

 千葉政経懇話会11月例会は12日正午から、千葉市中央区の三井ガーデンホテル千葉で開かれる。コラムニストで淑徳大学客員教授の深澤真紀さんが「イマドキ若者論・イマドキ日本論~草食男子の名付け親が語る」をテーマに講演する。

 「草食男子」の名付け親として、言葉の真の意味を伝える。何かと“若者たたき”に走る世間の風潮を戒め、データを基に現状を鋭く分析する。若者に対する視点の温かく、ユーモアある“深澤節”で魅了する。

 ◇講師紹介=深澤真紀(ふかさわ・まき)氏。1967年3月、東京都出身。早稲田大学第2文学部社会専修卒。在学中に「私たちの就職手帖」副編集長。数社の編集者を経て98年会社設立。淑徳大客員教授。中央大学兼任講師。日本文藝家協会会員。「草食男子」「肉食女子」を命名し2009年流行語大賞トップテンを受賞。コラムニスト、テレビコメンテーターとして活躍。

 主な著書に「草食男子世代-平成男子図鑑」「働くオンナの処世術-輝かない、がんばらない、話を聞かない」など。