地元メディア3社による農林水産業応援キャンペーン「ちばと一緒に! 食べて応援ちばの味」スタート


 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大きな影響が出ている千葉県内の農林水産業を応援しようと、千葉テレビ放送、千葉日報社、ベイエフエムの地元メディア3社は、12月1日から産地応援キャンペーン「ちばと一緒に! 食べて応援ちばの味」を始めました。

 地元メディアの強みを生かし、逆境の中でも生産に励む和牛や高級魚介類、イチゴ観光農園などを取材。新聞・テレビ・ラジオ・インターネットなどを通して広く県民に情報発信します。

 合わせて特設通販サイトも開設し、かずさ和牛(鴨川市)、ノリ(木更津市)、イチゴの加工品(山武市)を販売。年末年始に向け、地元農水産品の優先購入を呼び掛けています。

 通販サイトは14日までの期間限定で売り切れ次第終了。キャンペーン特設サイト(通販サイト)はこちらから。

 https://chiba-trimedia.com/