忙人寸語

忙人寸語(2018年7月30日)

 鋸(のこぎり)の目立てのため祖母方の曾祖父が定期的にやって来て、作業小屋で黙々と刃にやすりをかける。子ども心に、その ・・・

【残り 525文字】



  • LINEで送る