大雨ピッチで白星流出 2点差逃げ切れず 柏レイソル

  • 0
  • LINEで送る

 土砂降りの雨が、下を向く柏イレブンの肩に重くのし掛かる。上位対決で2点差を守れずドロー。リーグは4試合未勝利と、停滞する空気を振り切れなかった。

 ボールはほとんど転がらず、水しぶきを上げて止まる日立台のピッチ。試合開始時間が30分遅れるほどの悪天候だった。下平監督は試合直前に先発変更を決断。中川に代え「パワーのある」ディエゴオリベイラを2トップの一角に用いた。

 前線のブラジル人トリオの突破力を生かし、得点面では“雨天仕様”の布陣は奏功した。後半3分。クリスティアーノが速度の弱まるボールを奈良の足元から奪い、パスを受けたハモンロペスが先制弾。雨脚が強まった4分後にも加点し、後は逃げ切るだけだった。

 だが、浮き球でつなぐ川崎が反撃を開始。「コンパクトになりきれず、失点は後ろの責任」と嘆くDF中山。45分に同点弾を決められると、クリスティアーノは水たまりを蹴飛ばし悔しさを表現した。

 前節同様終了間際の失点で勝利を逃した。「前向きにやっていきたい」と指揮官。目標がアジア・チャンピオンズリーグ出場権獲得に絞られ、残り3戦となった。