サヨナラを呼び込む堅実な犠打!脇本が勝利に貢献!

  • LINEで送る

 確実な犠打が、延長十回のサヨナラ勝ちを呼び込んだ。ドラフト7位ルーキーの脇本直人外野手(健大高崎高校出身)が9月24日のイースタンリーグ・北海道日本ハム戦(ロッテ浦和)にて延長十回一死一塁の場面で犠打を決めると、次打者・細谷圭の中前へのサヨナラ打で試合に勝利した。

 脇本は「六回に送りバントで失敗してしまった。この場面のバントは気持ちを切り替えてしっかりできた。 高校までは自分が打者を還す立場だったが、プロに入りまったく逆の立場になった。バント練習も高校まではほとんどしたこともなかったけど、今はこれがボクの仕事。自分の役割を果たすのがプロなので、もっともっと練習をして信頼される選手になりたい」とコメントした。

 六回にバント失敗。しかし、その後は八回一死一塁の場面で犠打を決めるなど、この試合は2犠打。ここまでプロならではの細かいプレーに戸惑うルーキーイヤーとなっているが、そのひたむきな姿勢と真面目さで少しずつ成長をみせている。勝利につながる一つのバント成功で、若者はまた一つプロの階段を昇った。