2年目の二木が7回を1安打ピッチング!3勝目!

  • LINEで送る

若き右腕が見事なピッチングを見せた。二木康太投手が29日のイースタン・日本ハム戦(鎌ケ谷)に先発登板。7回を投げて被安打1、2四死球、1失点で3勝目。三回に大嶋にソロをゆるし、失点こそしたが、危なげない投球で好投をした。

二木は「今日の投球は自分でも納得しています。真っ直ぐで押せて、変化球も低めに投げることができた。しっかりと結果を残し続ける事で信頼を得ていければと思う。チャンスをもらった時には最高の投球をしたい」とコメントした。

 今季は二軍初勝利を挙げると、その後、安定感溢れる投球で急激に成長を遂げている。この日もストレートはMAX141キロだったものの、キレのあるボールを武器に7奪三振。日本ハム打線を封じ込めた。