上野が炎の投球!1イニングを打者3人でシャットアウト!

  • LINEで送る

貫録の投球でアピールした。上野大樹投手が28日、イースタンリーグ・日本ハム戦(鎌ケ谷)にて2点ビハインドの八回から登板。打者3人を15球で料理した。

  「勝っていても負けていてもマウンドに上がる時は、流れを引き寄せる為の投球が出来るよう心がけている。一軍に呼んでもらえるように、任されたマウンドをしっかり結果を出し続けて行くしかない」

 誰よりも早く球場入りし、誰よりも遅くまでトレーニングをするなど、努力家として有名な上野。二軍で若手の模範のような姿を見せる男は、黙々とマウンドで結果を出し続けている。