ドラフト3位 岩下大輝投手が公式戦初登板!

  • LINEで送る

 ドラフト3位ルーキーの岩下大輝投手(星稜高校出身)が、27日のイースタンリーグ・東京ヤクルト戦(ロッテ浦和)にて2番手として六回から登板した。公式戦初登板は1回を投げて打者9人、被安打3、2四球、3失点(自責1)、MAX140キロと、ほろ苦い結果となった。

 「投げるかもと言われていたので準備はしていた。いきなり1アウトをとれたので、リズムに乗りたかったのですが、次のピッチャーゴロを暴投してしまい、動揺してしまった。ピッチングよりも前にフィルディング、ベースカバーなどの基本をしっかりやらないとダメ。猛省しないといけません」

 最初の打者・星野を二ゴロに抑えたものの、次打者・原の投ゴロを一塁悪送球。その後も3安打、2四球。5番川崎に中犠飛をゆるし、7番松井を投ゴロに抑えようやくチェンジとなった。これで8点差をつけられたが、チームは六回裏に4点。七回に3点。八回に3点で大逆転勝利を収めた。