ドラフト6位ルーキーの宮崎がプロ初勝利!

  • LINEで送る

 3番手として四回二死から登板したドラフト6位ルーキーの宮崎敦次投手が8月19日、イースタンリーグ・日本ハム戦(ロッテ浦和)でプロ初勝利を記録した。4回二死一塁から3番手で登板。太田に中前打を打たれるものの森本を右飛に抑え、その裏、味方打線が5点をとり、勝ち投手となった。

 宮崎は「こんな形の初勝利になるとは思わなかった。複雑な気持ちですが、状態は良くなりつつある。これからも与えられた場面でしっかりと結果を残し、首脳陣の信頼を得たい」とコメントした。

 打者2人、わずか5球でのプロ初勝利に、驚きの表情だったが、MAX140キロを記録した左腕は少しづつ手ごたえを感じている。