荻野、イースタン・巨人戦で2安打!経過は順調!

  • LINEで送る

左太ももの肉離れから復帰した荻野貴司外野手が順調な経過を見せている。5日のイースタンリーグ・巨人戦(東京D)にて1番センターでスタメン出場。初回に四球で出塁をすると、三回には左前打。八回にも二塁打を放つなど2安打で、存在感を見せた。

 荻野は「いいスイングが出来ている結果が今日の2安打だと思う。足の調子も悪くない。打って走ってチームに貢献したいです」と手ごたえを口にした。

 今季、一軍では38試合に出場。打率は・225ながら、1本塁打、6打点、8盗塁をするなど貴重な戦力としてチームの勝利に貢献をしてきた。夏場の大事な時期に一軍戦力として再び呼ばれるよう、日々、準備に余念はない。