千葉ロッテ・藤原 SB柳田に刺激 昨季MVPと自主練習 「スケール大きい選手になりたい」

さいたま市の2軍施設で練習した千葉ロッテ・藤原(球団提供)
さいたま市の2軍施設で練習した千葉ロッテ・藤原(球団提供)
オンライン取材に応じる千葉ロッテ・藤原=さいたま市(球団提供)
オンライン取材に応じる千葉ロッテ・藤原=さいたま市(球団提供)
さいたま市の2軍施設で練習した千葉ロッテ・藤原(球団提供)
さいたま市の2軍施設で練習した千葉ロッテ・藤原(球団提供)

 千葉ロッテの藤原恭大外野手が24日、さいたま市の2軍施設での自主練習後にオンライン取材に応じた。22日までソフトバンクの柳田と自主練習を共にした20歳は「日本一の選手を間近に見てレベルの違いを感じた。あれぐらいスケールの大きい選手になりたい」と収穫を得た様子だった。

 元ソフトバンクで柳田と同学年の福田秀に志願し、参加が実現した。打撃練習はまだロングティーの段階だったが「飛距離が他の選手と全然違った。それだけでも勉強になった」。昨季リーグ最優秀選手(MVP)の32歳に衝撃を受けた。

 柳田には「三振だろうが良い当たりだろうが、アウトはアウト」と打席での心構えについて助言を受けたという。藤原の強みは積極打法。「僕も三振を恐れずにどんどん振っていきたい」

 柳田との自主練習前は中日の大島と汗を流した。同じ左打ちの外野手から刺激を受けて「いろいろなところに行かせてもらって手応えはある」と充実感をにじませた。

 過去2年と違い、今年は明確に1軍での結果が求められる。春季キャンプに向けて「外野手争いが激しくなると思う。アピールしたい」と意気込んだ。



  • LINEで送る