打率最下位も四球数トップ 来季も粘りの野球を 【千葉ロッテ2020シーズン回顧】(下)

 派手さはない。泥臭く点をもぎ取った。千葉ロッテのチーム打率は12球団最下位となる2割3分5厘。その一方で、491四球は12球団トップ。貧打に苦しみながらも、異色の攻撃でパ・リーグ2位となった。

 レアード、マーティン、井上の3人以外は一発 ・・・

【残り 1066文字、写真 1 枚】




  • LINEで送る