サブロー獲得へ

  • LINEで送る

 千葉ロッテの林信平運営本部長は3日、巨人からフリーエージェント(FA)宣言した大村三郎外野手(35)の獲得を目指すことを明らかにした。12日以降に交渉する。大村も古巣への復帰に前向きとみられ、合意に支障はない。

 ロッテではサブローの登録名で親しまれた大村は、6月にトレードで巨人に移籍。10月に就任した林本部長は、放出した選手の再獲得という異例の事態を「前(の体制)のことは何とも言えない。私は先のことを考えている。打力と、リーダーシップ。チャンピオンを奪回するために力になってくれる」と説明した。

 大村は巨人では48試合に出場し、打率2割4分3厘、1本塁打だった。