【千葉魂】“運命”に導かれたプロ入り ドラ3山本、二木との縁

  • 0
  • LINEで送る

ドラフト3位指名された三菱自動車岡崎の山本=2017年11月26日、名古屋市

 不思議な縁を感じずにはいられなかった。ドラフト会議の朝、山本大貴投手(三菱自動車岡崎)は、ふと予感がした。それはマリーンズが自分を指名してくれるのではないかということだった。だから野球部の監督や関係者にもそのことを伝えた。そして直観通りにドラフト3位で指名を受けた。ようやく巡ってきたプロ入りだった。

 「ドラフト当日の朝、なんとなくマリーンズではないかなあと感じました。まさにその通りになって自分でもビックリしました」

 11月26日に名古屋市内のホテルにて契約を完了した山本はうれしそうにドラフトの日の心境を語った。自分を育ててくれた三菱自動車岡崎に入社をしたのも、マリーンズとの奇妙な縁が関係している。それは高校3年の秋のこと。ドラフト指名有力な左腕であった山本は、学校内に記者会見場が設置され大勢の報道陣と一緒に指名を待っていた。地元・北海道のスポーツ紙には「山本、ファイターズ有力」という一面記事が躍るなど周囲の誰もがプロ入り、さらには地元球団からの指名を待ちわび、熱気に満ちていた。しかし、結局、その年のドラフト会議は名前が呼ばれることなく終了をした。会場は静まり返った。なんともいえない空気に包まれる。その後に行われた記者会見のことは今も鮮明に脳裏に残っている。

 「オレ、なにか悪いことしたのかなあという感じでした。元々、周りは騒いでいたけど自分は冷静だった。指名されることはないのではと思っていたぐらい。だから、気持ち的にはそこまで落ち込むことはなかった。ただ、あの暗い雰囲気の会見だけはキツかったです」

    □     ■     □

 その年のドラフトでマリーンズが6位指名をしたのが今年7勝を挙げるなど飛躍をしている二木康太投手。そしてその出来事こそがその後の山本の人生に大きく影響を及ぼす。二木はプロ入りをしなければ三菱自動車岡崎に入社をして野球を続ける予定となっていた。ところが指名を受けたことでその話は立ち消えとなる。高校生の将来有望な投手を野球部に迎え入れたいと考えていた三菱自動車岡崎が代わりにと白羽の矢を当てたのが山本だったのだ。その後、社会人での4年間で急成長をする左腕。三菱自動車岡崎に入ったからこそ今があると考える若者は不思議な縁と偶然に感謝をしている。

 「二木選手とは会ったことはないですが一緒に野球をやれるのが楽しみです。本当に不思議な縁を感じます。人生にはいろいろな『もし』があると思う。思わず考えてしまいます」

 高校時代は無名ながらプロ入りをして急成長を遂げた鹿児島出身の二木。高校時代に地元でプロ入りが騒がれ注目されながら残念ながら指名漏れとなったが社会人の門をたたいたことでさらなる成長を遂げるキッカケをつかんだ北海道出身の山本。かけ離れた地域で野球に没頭してきた2人はまもなくチームメートとしてマリーンズで出会う。

 「1年目からローテに入って活躍をしたい。左投手は先発に少ないのでなんとかその枠を取れるようにキャンプからアピールをしていきます。持ち味のストレートでガンガン押して三振を奪っていく投球を見せることができればと思います」

    □     ■     □

 数奇な運命を感じたからこそドラフトの朝、マリーンズという球団名が最初に頭に浮かんだ。そして、そこで活躍する自分の姿を思い描いた。希望に満ちあふれ目を輝かせ、ピンストライプのユニフォームに袖を通す若者。縁に導かれた物語はまだ終わりではない。ここまでやってきたことが正しかったことを証明するために、プロの舞台で躍動する。

(千葉ロッテマリーンズ広報 梶原紀章)