デスパイネ決勝弾 千葉ロッテ

◇ソフトバンク-千葉ロッテ2回戦(ロッテ1勝1分、18時、ヤフオクドーム、30016人) 
123456789
千葉ロッテ 0 0 2 0 0 0 1 0 1 44
ソフトバンク 1 1 1 0 0 0 0 0 0 311
▽勝 内5試合1勝 ▽S 西野5試合4S ▽敗 サファテ5試合1敗2S ▽本塁打 中村1号(2)(千賀)井上1号(1)(千賀)デスパイネ1号(1)(サファテ)

◆チェン制球定まらず

 千葉ロッテの先発チェンは3回を6安打3失点でマウンドを降りた。制球が定まらず、三回までで65球を費やす苦しい投球。「初球がほとんどボールで、捕手のリードを難しくしてしまった」と反省しきりだった。

 延長十二回で引き分けた前日は四回途中から継投に入り、救援陣を6人もつぎ込んだ。2試合連続でリリーフに負担がかかる展開となり「1イニング、1球でも多く投げたいと思っていた。本当にチームに申し訳ない」と話した。


戦評

 4安打の千葉ロッテが3本塁打の一発攻勢で勝った。三回に中村の2ランで追い付き、1点を追う七回に井上が同点ソロ、九回にはデスパイネが勝ち越しソロを放った。好救援の内が今季初勝利。ソフトバンクは抑えのサファテが打たれた。


  • LINEで送る