【千葉魂】 天国の父に誓う、1軍昇格 香月一也、形見の指輪携えて

 苦しい時、つらい時、怠けたくなる時。人生には、いろいろな自分に負けそうになる時がある。そんな時は胸につけているネックレスをギュッと握りしめる。プロ2年目の香月一也内野手は今、ロッテ浦和球場で1軍出場を目指し、日々、汗を流している。ネックレスには、亡くなった父の指輪が取り付けられている。いつも父に見てもらいたい。そんな思いから普段も、プレー中も肩身離さず、付けている。

 「いつも父は見守ってくれていると信じています。絶対にどこかで見てくれている。そのことを感じるために母が持っていたのを譲ってもらいました。父のためにも僕は頑張って1軍に上がらないといけない」

 そう言って、胸につけているネックレスをほほ笑みながら触った。キャンプ中の2月に行われた告別式が終わり実家を離れる時、父が付けていた結婚指輪を母から譲り受けた。「オレにちょうだい」と頭を下げた。いつも見守ってもらうことで、自分で自分に厳しくありたい。そんな決意も込められている。だから今、1軍に向けてしのぎを削り合うファームの場で香月は誰よりもバットを振る。全体練習後、試合前での少しの時間でも室内練習場に向かい、マシン相手に打つ。試合後もひたすら打つ。いつも最後の一人になるまでバットを振り続ける。尊敬する父に、1軍で活躍をする姿を見せることができなかった悔しさが若者を駆り立てている。

      □      ■      □

 石垣島での春季キャンプ中の2月5日、午前1時54分に病気のため、最愛の父を亡くした。52歳だった。プロ入りが決まり、一昨年の12月に大阪市内のホテルで契約を交わした翌日から体調を崩し、ずっと病気と闘っていた。容態が悪くなっていると知らせが届いたのは2月4日の夕方。急きょ、チームを離れ、父のいる福岡に戻ろうとしたが間に合わなかった。那覇経由のため一日、那覇市内で宿泊。その夜に訃報が届いた。

 「直行便があったら、たぶん間に合っていたと思います。でも、急で時間も遅かったし、それはもう仕方がないこと。泣きました。ずっと泣きました。石垣を離れる前に最後に『今から会いに戻るよ』と電話で話をしました。『おお、一也か。頑張っているか?』と。その声をボクは忘れることができない。今でもハッキリと覚えている」

 香月が父の状況が悪化していることを認識したのは地元でのトレーニングを終え、キャンプに向う準備をしている1月だった。その前年の12月には家族水入らずで、大分の温泉に行った。4歳年上の兄の結婚式でも父は言葉を振り絞ってスピーチをしていた。そんな思い出が残る中、帰り際、玄関で母に告げられた。「アンタが行った後、入院することになる」。涙ながらに話をした母の姿にすべてを察した。立ちつくして何も言えなかった。

 父にプロ野球の世界で頑張っている姿をなんとか見せたい。春季キャンプは2軍スタートながら必死にアピールを繰り返した。プロのユニホーム姿を見せることができたのは2回だけ。昨年8月、東京ドームで行われたイースタンリーグ・巨人戦と10月、宮崎で行われたフェニックスリーグ。どちらも結果を出すことはできなかった。今度こそ、なんとかいいところを見せたい。その一心でキャンプを過ごしている矢先だった。

 「本当に、ちょっとでいいから1軍でプレーをしている姿を見せたかった。とにかく1軍に行きたかった。父は人に心配をかけるのが嫌な人。だから、ボクにも病気のこともなかなか言わなかった。優しい人だった」

      □      ■      □

 父に勇姿を見せることができなかったことを悔やみ、落ち込む香月を家族が励ました。「休んだらアカン。野球で頑張りなさい」。一番、つらいはずの母が背中を押した。だから父が亡くなった3日後の8日にはチームに再合流した。

 「チームのみんなも心配をしてくれました。『頑張れよ』とか、『もう少し残っていても良かったんだぞ』とか。そう言ってもらえると、また涙が出てきて…。今はもう、とにかくアピールをして、今年絶対に1軍に上がりたいと思っています」

 3月に行われた教育リーグでは5試合で15打数7安打3本塁打と打ちまくった。イースタンリーグ開幕後も三塁のレギュラーとしてアピールを続ける。一軍が開幕を迎えた3月25日。ロッテ浦和球場で行われた東京ヤクルトとの2軍戦で1号2ランを放った。今はまだガムシャラに結果を出し続ける日々。ただ、その先に必ず1軍の舞台が待っていると信じている。そこで初ヒット、初本塁打を打って天国から見舞ってくれている父に捧げようと誓う。つらい時、ネックレスに付いている父の指輪をギュッと握りしめる。すると不思議と前向きな気持ちを取り戻せる。香月一也、19歳。1軍を目指す日々に明け暮れる。

 (千葉ロッテマリーンズ広報 梶原紀章)



  • LINEで送る