【B1順位=1日】千葉6連勝、CS進出

  • LINEで送る

北海道―千葉 30得点10リバウンドをマークしチームをけん引した千葉・エドワーズ=北海きたえーる
北海道―千葉 30得点10リバウンドをマークしチームをけん引した千葉・エドワーズ=北海きたえーる

 バスケットボール男子のBリーグは1日、札幌市の北海きたえーるなどで7試合が行われ、東地区首位の千葉が同5位の北海道に106-88で快勝し、37勝12敗として上位8チームによるプレーオフのチャンピオンシップ出場を決めた。

 千葉は第1クオーター(Q)から攻撃が全開。小野、エドワーズ、パーカーらが次々に得点を決め、21点差をつけ、そのまま押し切った。エドワーズが30得点10リバウンドと活躍。チェンバースも24得点を挙げた。

 中地区優勝を決めている三河は同3位の三遠に延長の末92-89で勝ち、41勝8敗とした。ともにチャンピオンシップ進出を決めている西地区1位の琉球と2位の京都の対戦は、琉球が76-65で勝った。琉球は38勝11敗、京都は30勝19敗。

▽Bリーグ1部(北海きたえーる、4760人)
千葉 106 31-10 88 北海道
       22-24
       22-20
       31-34
(千葉はチャンピオンシップ進出)

【B1・東地区順位】
1:千葉(37勝12敗)
2:A東京(36勝13敗)
3:川崎(33勝16敗)
4:栃木(27勝22敗)
5:北海道(24勝25敗)
6:SR渋谷(23勝26敗)