【B1順位=4日】千葉、勝率で首位に並ぶ 栃木は京都に競り負け

  • LINEで送る

ドリブルで切り込みシュートを決める千葉・富樫=4日、船橋アリーナ
ドリブルで切り込みシュートを決める千葉・富樫=4日、船橋アリーナ

 バスケットボール男子のBリーグは4日、船橋アリーナなどで7試合が行われ、東地区2位の千葉は93-85で同4位のSR渋谷を下した。同1位のA東京が敗れたため、29勝11敗で地区首位に並んだ。

 千葉は第1クオーター(Q)に小野の3点シュートで主導権を握った。4Qに追い上げられたが、パーカーのシュートなどでリードを守り切った。小野とパーカーが22得点。小野は5本の3点シュートを決め、パーカーは10本中9本のシュートを成功させた。エドワーズは12得点、13リバウンド、6アシストと貢献。富樫は23分出場し、12得点した。A東京は中地区5位の新潟に72-81で敗れた。

 中地区首位の三河は西地区4位の滋賀を108-92で退け、32勝8敗とした。

 西地区2位の京都は90-86で東地区5位の栃木に競り勝ち、24勝16敗とした。

▽Bリーグ1部(船橋アリーナ、4777人)
千葉 93 26-16 85 SR渋谷
      24-21 
      23-20
      20-28

【B1・東地区順位】
1:A東京(29勝11敗)
2:千葉(29勝11敗)
3:川崎(27勝13敗)
4:SR渋谷(22勝18敗)
5:栃木(21勝19敗)
6:北海道(19勝19敗)